#122 川本 深井戸水中ポンプデイーパー UFE-450S 地上部のみ 

#122 川本 深井戸水中ポンプデイーパー UFE-450S 地上部のみ 

22200.0000円

商品説明カテゴリ住まい、インテリア工具、DIY用品電動工具ポンプ状態やや傷や汚れあり(詳細)モーター部分のみの出品部品取りにしてください。
点検用モーターで回転確認できましたので同種のものお持ちの方専用でお願いします、センサーやタンク良否不明ですので部品取りに使ってください、センサー新しめのものがついています。
写真一枚目がお送りする全てです。
発送は、佐川又はヤマト便で離れ島はゆうぱっくでの発送になります料金は記載のとうり。






































































3相200V400W50/60Hzインバーターポンプ
交換部品



浅い位置で点検しました、不具合発生時は到着後一週間以内に限り返品に応じますが、返金は預かった金額のみですのでこの条件でよろしい方の入札でお願いします(工事費、経費など保障できません)返却時送料はご負担でお願いします。
写真一枚目がお送りする全てです。
離れ島はゆうぱっくでの発送になります料金は記載のとうり。










川本ポンプnull工具、DIY用品



#122 川本 深井戸水中ポンプデイーパー UFE-450S 地上部のみ 

,,,

 日本生物防除協議会(Japan BioControl Association)は、日本微生物防除剤協議会(2006年~)および日本バイオロジカルコントロール協議会(1997年~)の合併により、2016年4月に発足いたしました。



guideline_logo.png


日本の生物農薬の利用促進に関する声明 (築地宣言)

2017年9月27日
                               日本生物防除協議会

<背 景>しかしながら、その現実はとみると、生物農薬の出荷額はいまだわが国の農薬出荷額の1%程度で推移している状況である。



<提 言>
上記を鑑みて以下のような方法の実施を検討する。
1. 消費者、農産物流通業界への生物農薬の技術情報を公開し、利点と必要性を訴求する。3. 上記を目的としたマスコミへの効果的なアプローチを実施する。
<達成目標>
日本の生物農薬の出荷額が長期的に農薬出荷額の5%(150億円程度)を目指し、まず2020年までに生物農薬の出荷額が日本の農薬出荷額の2%(60億円程度)を越えることを目標とする。